サイゲームス、コンシューマ事業本格始動。元マーベラス高木謙一郎さんインタビューが公開。八重樫南さんとの新作アクションゲーム開発中

スポンサードリンク
ファミ通最新号より

「コンシューマ事業部は4/1に発足したできたてほやほやの事業部」
「渡邊社長から僕たちが子供のころ夢中になったようなゲームを今作りたいという熱意を感じた」
「自分は事業部本部長。サイゲームス開発のコンシューマタイトル全体をプロジェクトと協力しながらまとめていくかんじ」
「去年公開したProjectAwakeningではプロデューサーとして開発している。グラブルRelink、グラブルVSはグラブル原作チームと協力しながらアドバイスやサポートをしている」
「子供向けから大人向けまで未発表タイトルを幅広く開発中」
「コンシューマ事業本部はまだ規模は小さく10人くらいしか居ない、そこに各作品の開発チームが紐付いている形」

「サイゲームスは世界一を本気で狙っていこうとしている。公開したProjectAwakening映像はムービーではなくPS4実機」
「次世代機も見据えている」
「グラブルVSは近いうちに大きな発表を予定。紙の説明書をつける予定。ゲームファンに響くことは丁寧にやるべき。グラブルRelinkの開発は順調」

「自分の最新作は八重樫さんとの新アクションゲーム。セクシー路線ではない。(男キャラのイラストが公開)結果的にセクシーになるかもしれないが」
「女の子より男キャラを多くしたい」

「サイゲームスはゲームエンジンは内製。サイゲームスはとにかくやることがでかい」

ひさびさの高木さん。
サイゲームスでここまで重要なポストに就いていたとは・・・。
○○のハードはセクシー路線はだめだから□□でセクシー路線を、というわけではなさそう。
八重樫さんのこの男キャラは新鮮だなぁ。


スポンサードリンク