【無職転生】もうすぐ発売新作ゲームレビュー【エルデンDLC無し】

スポンサードリンク
ロードオブザリングRtM 8786
マツチバーサス 8888
無職転生 6877
・探検をサポートする機能が良い
・マスごとに歩かないと100%にならない踏破率が作業感を高めている
・無職転生とオリジナルストーリーを楽しめるのはいい構成
・倒されたキャラは戦闘後復活、ダンジョンのどこからでも帰還可能とサクサク進められる
・オートバトルはもっと使い勝手がよければよかった
・原作ファンを対象とした構成なのでお楽しみ要素や演出などに正直物足りなさを感じる
・3DダンジョンRPGとしてのフィーリングはすこぶる良好で敵のバランスもよく延々とマッピングに興じている
・ゲームオーバー時のペナルティが極めて低く初心者向けの配慮
・アニメ原作モノとしての華は控えめだが手堅く遊べる
・クリアまで約30時間、やりこみ含むと約60時間


無職転生の点数をみたときは「またブシロードゲームスやっちまったか」と思いましたがレビュー内容を読むと悪くはないような。
むしろ原作は好きだけどゲームや3DダンジョンRPGに馴染みのない方達に丁度良い難易度になっているような。
大ヒット漫画、アニメのゲーム化が原作ほどの人気を得られないことが珍しくなく、
その理由として今までそのようなゲーム化作品をプレイして「面白くなかった」「難しかった」というトラウマが飢え付けられていることも大きいような。

少なくとも無職転生のこのゲームは後者はクリアしているようです。
3DダンジョンRPGは似たり寄ったりのようで後ろを振り向く、後退する、水平移動などの操作方法がゲームごとに癖がありプレイヤー好みでないと一気に冷めることもあるで実際にプレイしてみないとわかりませんが。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。